カードキャッシングについての返済方式というものはカード会社によってギャップがあって多様な手法が取り入れられています。一般的には残高スライド方式やリボ払い方式などが導入されているみたいです。そしてかくのごとき誰しもご存知のリボルディングですけれども本当のことを言うと勘定様式には多くの手法というものがあったりするのです。それでさよう様式によっては支払い合計金額が違ってきてしまうわけですから、知っていて損なことはないはずです。しからば簡便にそれぞれのメソッドの相違についてを説明します。一つは元金均等払いで、二つめは元利均等払いです。それぞれ読んで字のごとく元金についてを均分にして払っていくのと、元金と利率についてあわせて均分に支払っていく方式です。今回のケースではたとえば10万円を借り入れたと設定し、実際どういう算定をするかみてみます。利子については両方とも15%と設定して算定します。またリボ払いに関しての額を1万円と設定して算定します。最初に元金均等払いのほうからいきましょう。かようなケースのはじめの支払に関しては1万円へ利率分1250円を加えた引き落とし額となります。次の返済に関しては1万円に対して金利1125円を加算した引き落としになります。こうして全10回にて支払を終わらせるという様式です。これに対して元利均等払いとは最初の返済については1万円でそこから元本に8750円、利率に1250円という具合に分配します。その次の支払については元本が8750円減った状態にて金利を算定して、1万円から再度割り振ります。要するに、元利均等払いのケースでは10回で支払いが終わらないといった算出になってしまいます。たったこれだけのへだたりで両者がどれくらい相違しているかわかってもらえたことでしょう。元利均等は元金均等に比肩してもと金が減少するのが遅延していると言う難というものがあったりします。要するに金利というものを余分に支出するといったことになってしまうのです。他方1回目の引き落しが些少な額で済むといった強みというものもあります。かかる引き落し方法についての相違に連動して支払額というのは違ってきますのでご自分の計画に合致する方針を取るようにしてください。