キャッシングサービスをするとなると、定期的に指定の期日、銀行口座から自動の引き落としで引き落しがされていくと思います。TV告知で機械からいつだって返済が出来ると言及されているのですがそれというのは月々の支払いというものとは別で返済する事例のについてを言っています。かかる支払を前倒し支払というように言いまして、残高全額についてを終わらせる弁済を総額一括支払い、一部を返済するような支払いを一部分前倒し弁済と言います。つまり臨時収入等で現金に予裕というものが存する時は自動現金処理機からや振込等により一部分または総額について弁済することが可能になっているのです。かつこういったことの他にも繰上支払いには利点というのが数多くありまして、欠点といったものはほぼないのです。これのプラスとは別口でもって返済することにより元金そのものに関してを減ずるといったことを出来るので引き落し回数というものが少なくなるので利率というものも合理化することができ弁済全額そのものを切り詰めることが可能で、一石二鳥な支払い方法なのです。それでも意見したい点は、どんなときに繰上支払いするかという点です。クレジットカード会社は支払回数と別の〆め日がというようなものがあったりします。例をあげると15日が締めで翌月10日の支払いだと仮定しましたら、月中以降は翌月の利子といったものをひっくるめた返済金額がなってしまうのです。これは月中以後繰上支払しましても明くる月の支払い額といったものは確定してますのでそのようなスパンで繰上支払いしたような場合でも次の月の支払金額へはちっとも反映をしないのです。それ故繰上支払いというものがすぐに効力を発揮するようにするには、引き落し日時の明くる日から次の締め日の前日までの期間に早期返済する必要があるのです。そのかわり、かくのごとき事例の利息の差というのはすこぶるわずかです。そんなくらいは気にしないという場合はいつでも自由自在に前倒し支払いしてもいいです。ただし少額であっても少なくしようと希望する方は支払日時から〆め日までに繰り上げ支払いすることをお勧めします。